“Cスカッシュ”の Top Page へ戻る

無料体験版CD、無料体験レッスンを申し込む 受講料は? だから“Cスカッシュ”は上達する 何故、日本語が先なの? 受講生の声 運営会社の紹介
入会お申し込みフォーム よくある質問Q&A Skypeの導入方法 2年目からは Skype Only コース
 講師陣は?

アーサー外語学院が誇るネイティブ講師陣は、
日本人の気質を理解しながらの英会話指導が自慢です!

のCD教材やSkypeレッスンに登場する外国人講師は、
すべてアーサー外語学院で活躍中の講師陣です。
英語を第一母国語とするアメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリアのみで、
出身地域の訛の強い講師はひとりもいません。

 

日本語ができる講師の一例
国籍 年齢 アーサーでの講師歴 日本語
習得度
国籍 年齢 アーサーでの講師歴 日本語
習得度
A.S.
B.T.
H.L.
J.M.
K.S.
NZ
US
US/DEN
UK
US
44
32
44
26
33
5年
3年
7年
2年
6年
100%
50%
100%
30%
100%
M.A.
M.U.
S.D.
S.C.
CA
UK
AU
US
32
52
25
31
3年
4年
1年
1年
50%
100%
30%
20%

教授法履修者(※ TEFL・TESL)も多くいますが、
アーサー外語学院が最も重要と考えているのは、日本人に英語を教えてきた経験値です。
日本人に教えるのと、他の英語を母国語としない民族に教えるのとでは、
その教え方がまったく異なることはあまり知られていません。

日本には、昔から奥ゆかしいことを美徳としてきた文化背景があります。
さらには、論理的に白黒をはっきりさせたがる英語に対して、
きわめて情緒的で曖昧な表現が多く用いられる日本語との違いは、
計り知れないものがあります。

日本人に教える際には、
そうした日本人の気質や言語の特異性を何よりも理解しなければなりません。

の講師陣は、これらの文化を理解してくれる貴重な人材です。

        T.E.F.L.Teaching English as a Foreign Language)
              =英語が母国語ではない外国人に英語を教える教授法
       
T.E.S.L.Teaching English as a Second Language
              =第二国語としての英語を教える教授法






   ご友人をご紹介・入会いただきましたら、
   Skypeレッスン2回分無料プレゼント

   教材販売業者の中には、体験版に有料の1回目を同封し、
   開封したら料金を請求する業者もあると聞きますが、
   アーサー外語学院は一切そういった事はありません。 ご安心ください。
CD
試聴




アーサー外語学院のHPへ        学習サポート・デスク 03−3392−8591(月〜土/正午12時〜夜10時) メール info@nihon-arthur.com

       アーサー外語学院のfacebookへ  Copyright (c) 2011 Nihon-Arthur Co.Ltd. All rights reserved.   株式会社 日本アーサー